礼拝プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加
前奏
オルガンの前奏のうちに心を静めます。
招きの言葉
賛美
神を讃える歌を歌います。
開会の祈り
司会者が礼拝の祝福を求めて祈ります。
主の祈り
イエス・キリストが祈りの模範として教えてくださった『主の祈り』(新約聖書マタイの福音書6章9~13節)を全員で祈ります。
子ども賛美
報告と祈り
牧師による、教会活動などの報告と祈りです。
聖書朗読
その日の宣教の聖書箇所を牧師が朗読します。
宣教
牧師が朗読された聖書の言葉を説き明かし、神の使信(メッセージ)をお話しします。
黙祷
宣教を思い返し、一人一人が祈りをします。
賛美
メッセージに応答して、神に賛美を捧げます。
信仰告白
『使徒信条』という歴史的な信条によって、信仰を公に言い表します。
献金
神様からいただいている恵みに感謝し献金します。もし意味が分からなければ、捧げなくても大丈夫です。
感謝の祈り
メッセージへの応答と恵みへの感謝の意味で、当番の教会員が代表して祈ります。
頌栄
すべてのことに感謝して、最後に神を褒め称えます。
祝祷
牧師が祝福の祈りを捧げます。
後奏
最後に心を静めて、神に感謝します。
*初めは出席して静かに聞いてくださるだけで構いません。 *教会に備え付けの聖書・讃美歌集がありますので、お持ちでなくても大丈夫です。 *事前にご不安な点があれば、メール・電話でご遠慮なくお問い合わせください。